小さな駄菓子屋さん博物館
境内の一角にある博物館には昭和20年代〜30年代に駄菓子屋さんに並んでいたおもちゃが展示されています。その他には手絞りの電気洗濯機や木製の冷蔵庫、白黒のテレビなどが置いてあります。

 
 
 

のぞいてごらん
駄菓子屋さんのおばぁちゃんの部屋
「のれん」から顔を入れるとそこは懐かしい昭和25年当時のおばあちゃんの部屋。まだテレビも電気炊飯器もない時代です。

 
 
 

平野の音博物館
ここでは、昔の電話機を通じてCDに録音された懐かしい音、平野の年間行事、昔話などを聴くことができます。平野にはまだまだおもしろい音、めずらしい音、不思議な音がいっぱいあります。町の散策の時もよく耳をすまして周りの音を聴いてください。

 
   

町ぐるみ博物館
平野の町づくりを考える会が1993年から取り組んでいるミニ博物館運動。観光化して人を呼ぶのが目的では無く、住民自身が楽しみながら地域を再発見しようとする試みです.「町ぐるみ博物館」の名称は、博物館から博物館へ行く道中の、町並みや歴史文化を体感していただきたいという願いから名付けられました。平野は町全体が博物館のようなものです。

平野 町づくり博物館
http://www.omoroide.com/em/